現在、コメントを頂く場合「ホームページアドレス欄」を入力必須にしております。
制限は付けたく無かったのですが、無責任なコメントや、無益な議論、論争を招く内容を書き込まれる方も稀におられるので、不本意ながら入力必須項目とさせて頂きました。
また、urlを含むコメントも投稿できません、ご了承ください。

2009年09月04日

ギターのコードは形で覚えるもの?

初級・中級のギタリストの多くはコードを形で覚えます。
ですので、
「ギターのコードは形で覚えるもの?」
と問われれば、
「形で覚えてもイイですョ。」
と言う事になります。

ただ、形で覚えているだけの場合、押さえ方を知らないコードを見た時に「お手上げ」になってしまいます。

実は「コードネーム」はコードの構成音を記号化したモノです。
つまり、「コードネーム」を見ると構成音は分かる様な仕組みになってるんです。
言い換えれば「コードネーム」のルールさえ知っていれば自分で作ることが出来る、覚えていないコードでも押さえ方を自分で探すことが出来る、と云う事になる訳です。

大雑把なルールを書くと
1.ルートは英語音名で一番左に大きく書く。
2.3度がM3の時には何も書かない。
  3度がm3の時には「m」または「−」と書く。
3.5度が完全5度の場合は何も書かない。
  5度が増5度の場合は「+」または「aug」と書く。
  5度が減5度の場合は「(♭5)」または「−5」と書く。
4.7度がM7の場合は「M7」または「△7」と書く。
  7度がm7の場合は「7」と書く。

他にも、sus4、dim、テンションノートを含むコード、等があり、これらもちゃんとルールがあるのですが、話がややこしくなるので今回は説明しません。

さて、2で3度がm3の時は「m」と書く、4で7度がM7の時には「M7」と書く、と言いました。
「じゃぁ、CmM7なんてコード有るの?」
ハイ、有ります。
レッド・ツェッペリンの有名な曲で「天国への階段(Stairway to Heaven)」の2つ目のコード、あれAmM7です。
まぁ正確にはテンションノートのM9が入っていますが。

「天国への階段」が出たついでに最初のコードはAmなのですが、押さえ方としては1、2、3弦は5フレット、4弦は7フレットを押さえますよね?
Am.JPG

この時に、押さえ方だけじゃなくて、どの弦がコードの何度になっているかを覚えておくと便利です。

この場合、4弦がルート(1度)、3弦が3度、2弦が5度、1弦がルート(1度)です。

Am、小文字のmが有るから3度はm3です。
3度の音、つまり3弦の音を半音上げて(1フレット上げる)M3にすればAです。
(1、2弦が5フレット、3弦が6フレット、4弦が7フレット)
A.JPG

さらに1弦のルートの音を半音下げるとM7の音になるのでAM7です。
(1弦が4フレット、2弦が5フレット、3弦が6フレット、4弦が7フレット)
AMaj7.JPG

さらに1弦のM7の音を半音下げるとm7の音になるのでA7です。
(1弦が3フレット、2弦が5フレット、3弦が6フレット、4弦が7フレット)
A7-01.JPG

一旦、もう一度最初のAmに戻りましょう。
(1、2、3弦は5フレット、4弦は7フレット)
Am.JPG

4弦はルート(1度)の音で全音下げるとm7の音になります。
(1、2、3、4弦全て5フレット)
m7の時にはコードネームを書く時に7しか書きません。
元がAmですから横に7を書くとAm7になります。
Am7.JPG

A7にするには3度を半音上げれば良い。
(1、2、4弦が5フレット、3弦だけ6フレット)
A7-02.JPG

さらにA7(♭5)にするには5度の音である2弦を半音下げれば良い。
(1、4弦が5フレット、2弦が4フレット、3弦が6フレット)
A7♭5.JPG

ね?
一つのコードを元に、いっぱいコードが作れたでしょう?

しかも、これはホンの一部分です。

私の様に、「脳内メモリ」が少なくって、しかもその大半が一晩寝たら忘れてしまう「揮発性メモリ」の者にとっては、コードを形で覚える方が、ず〜っと大変な作業に思えるのですが、いかがでしょう?



posted by 浦太 at 16:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽理論豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

あぁ 分かりそうで 分かりませんww

実際に弾いてみると分かりますが

ん〜 頑張ればできそうかもしれません^^;
Posted by at 2009年09月05日 00:10
>玲さん
音程(2つの音の高さがどれだけ離れているかを示す単位)の知識はありますか?
音程知らないと、ちょっと分からないかも。
また、次回にでも補足説明する様にします。
Posted by 浦太 at 2009年09月05日 01:44
こんにちは〜♪

コードダイアグラム大好きです!
解説がとってもすてきです〜
上から4番目の押さえ方をこんど
チャレンジしてみます!
浦太さんLOVEっす〜(^o^)♪
ハイポジばんざーい^^
Posted by Ryoji Suzuki at 2009年10月11日 16:51
>Ryoji Suzuki さん
何時もコメントありがとうございます。
A7ですか?
ちょっと押さえるのが厳し目のヤツですね。
Posted by 浦太 at 2009年10月11日 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
fx
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。