現在、コメントを頂く場合「ホームページアドレス欄」を入力必須にしております。
制限は付けたく無かったのですが、無責任なコメントや、無益な議論、論争を招く内容を書き込まれる方も稀におられるので、不本意ながら入力必須項目とさせて頂きました。
また、urlを含むコメントも投稿できません、ご了承ください。

2012年03月29日

人類は大きな勘違いをしているんじゃないのか?

前に、
「人類は文明に頼るあまり、生き物として退化してるんじゃないのか?
 その結果として、より多大なエネルギーを必要としているんじゃないのか?」
みたいな記事を書きました。
http://dtmurashima.seesaa.net/article/244038422.html

…最近、その想いが日増しに強くなってます…

「もし、自分が突然、我々の遠い祖先が生きて来た環境に放り出されたら」
そう考えると、自分が、あまりに非力である事に愕然とするんですよね…

暑さ、寒さには耐えられない、
食べられるかどうか判断するカンも無い、
野生の動物から身を守る術も知らない、
etc.…

「我々の遠い祖先が生きて来た環境」
まで行かなくても、
「電気が使えない環境」
ってだけでも長期間続けば怪しいモンです。

で、原発の事、色々言われてます。

原発に代わる自然エネルギーを使った発電、なんて事も言われてます。

でもね、
「自然エネルギーを使った発電」
って事は
「自然エネルギーを電気エネルギーに変換する」
もっと言えば、
「自然エネルギーを奪い取って電気エネルギーにする」
って事でしょう?
(原発だって、元々は自然にある鉱物のエネルギーを電気にしてる訳ですよね)

私はド素人ですが、それでもチョッと突っ込んで考えれば、
「風力を電力に変換すれば、その分、風は弱くなる」
「波の力を電力に変換すれば、その分、波は弱くなる」
「地熱を電力に変換すれば、その分、本来温められるハズだったモノは温められなくなる」
ぐらいの事は分かります。

そして、
「風が弱まれば、気候が変化する、花粉の飛ぶ距離も変わる、
 そうであれば生態系も変わる」
とか、
「波が弱まれば、海水の攪拌が弱まる、
 具体的には分からないが、赤潮が発生したり、
 海の生態系に悪影響を与える可能性は充分にある」
とか、
「地熱で本来温められるモノが温められなかったら…
 うーん、コレはサッパリ思いつかなかったけど、
 でも、でも、ヤッパリ自然環境に影響が無いハズは無い…と思う…」
なんて事は思う訳ですョ。

太陽光発電だって、光のエネルギーを奪うわけだから…
えと、難し過ぎてサッパリ分かんないけど…まぁ、ヤッパリ…
とかね。

で、多分、実際にそう云う事が起こったら、
「想定外だった」
って話になる訳でしょ?!

なんかね、
「自分達が弱くなった事がエネルギー不足の一番の原因なのに、
 ソレはそのままにしておいて、更に自然のエネルギーを搾取しようとして、
 更に自分達は弱くなって行く」
って云う事を繰り返してる様な気がするんですよね…

他にもね、例えば、過度に清潔にして弱くなっちゃった、とかね。
病原菌も適度に有れば、
「免疫力を高めてくれる」
言い換えれば、
「鍛えてくれている」
って云う側面も有ると思うんですよね。
それを、
「悪いヤツだ」
って根こそぎ、やっつけようとするモンだから、
「自分達は弱くなって、病原菌は過度に鍛えられて、
 手に負えない程強い病原菌が出てくる」
なんて事が起こったりね。
で、自分達の、
「過度に清潔な環境」
を保つのに更にエネルギーが必要になったりとかね。

もう、そう云う方向に行くのは限界に来てるんじゃないでしょうか?

まぁ、極論すれば、
「自分が、どんな環境でも問題なく楽しく生きて行ける程強ければ、
 今以上のエネルギーは必要無いし、
 他人や他の生き物のエネルギーを奪う必要も無い、
 結果的に、他人や他の生き物に優しく出来る」
って事なんじゃないでしょうか?
きっとね、弱いから、そう云う余裕も無いんだって思うんですョ。

まぁ、いきなりは無理でも、チョッとそう云う根本的な事から見直す事を、
個人個人が意識しなきゃイケナイんじゃないか、って言うか、
そうじゃないと、もう、どうにもならない所に来ちゃってる様な気がね…


posted by 浦太 at 16:44| Comment(9) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は^^

 正鵠を射たご意見だと思います。
そして丁寧に論じられていますので、分り良いです。

 浦太様の論評が広く世間に伝わることを念願致します。

 敬服致します。
Posted by 正論かも at 2012年03月29日 20:26
>正論かも さん
ありがとうございます。

なんとなく、なんですが、
「もう、小手先の技じゃ通用しない、
 土台から考え直さないとどうしようもない所」
に来てる様な気がするんです。
Posted by 浦太 at 2012年03月29日 21:43
こんばんは、
センセ♪

どうなっちゃうんすかね、
文明やら人間やら。

ボク的には、
自動車経済も甚だ疑問でしたよ。
自分で自分を納得させるためには、
自動車の運転能力の向上も、

『数億年後きっとみんなで
宇宙船で宇宙移住するのに
運転や移動に必要な動体視力や
三半規管の耐性向上を人類挙(こぞ)って
今から鍛えているんだろうな』

と、
幼きココロに考えてました。

明治やお江戸のころより昔には
電車でも船舶程度でも、初物に乗った人はすぐさま
乗り物酔いをして、酷い目にあったわけですから。

ところで、
ボクは飛行機にだって乗りたかありません。
地球の地面から離れるだけで、
なにか大切な糸が切れてしまうくらいに
感じてしまいますから♪
センセはどうですか?

ボクは建造物の2〜3階くらいまでは大丈夫ですよ。
地面の響き、揺れ、感じられますから♪
超高層建造物は住んだコトないからわかりません♪

Ryoji Suzuki(^o^)♪
Posted by Ryoji Suzuki at 2012年03月30日 03:19
>Ryoji Suzukiさん
まぁ、自分の土台から考え直すしか無いんじゃないですかね?
後は、それを今、どの程度修正できるのかって云う事と。

「文明やら人間やらがどうなっちゃうか」
って云うのは、その結果の寄せ集めでしょうから。
Posted by 浦太 at 2012年03月30日 11:32
おはようございます♪
センセ♪

センセの仰る、

「人間の土台」
「人類の土台」

って、
なんでしょうか?

なんとなくでも、
触れられますか?

もし、面倒でなければ。

Ryoji Suzuki(^o^)♪
Posted by Ryoji Suzuki at 2012年03月31日 07:41
>Ryoji Suzukiさん
コレは私個人が「そうしてる」と云うだけで、
「お勧め」している訳じゃないので、
勘違いして頂きたくないんですが…

私は、もう20年以上、薬を飲んだ事がありません。

私は、この数年、冬は家の中でも上着を着たままです。
ですから、暖房は低めですし、暖房を使い始める時期は遅く、
暖房を止める時期は早めです。

夏は多少汗をかく程度の冷房です。
ですので、冷房は弱めですし、
冷房を入れる期間も短いです。

車に乗る時も、殆ど冷暖房は使ってません。

まぁ、
「病気になった時にはなった時なりの、
 暑い時は暑い時なりの、
 寒い時は寒い時なりの、
 必然性や理由、利点も有るんとちゃうやろか?!」
みたいな所でしょうか。
Posted by 浦太 at 2012年03月31日 10:29
>みゆき さん
真面目にコメントを頂いたのに大変恐縮ですが、
ブログの最初に、
「ご自分と無関係のアドレスを入力された場合は、
 申し訳ございませんが、内容にかかわらず削除させて頂きます」
と書いている以上、特別扱いにも出来ず、
やむなく削除させて頂きました。

中には非常識な方もいらっしゃるので、
何卒ご理解お願い致します。

ただ、一つお答えさせて頂きますと、
「エネルギー保存の法則」
と云う物理法則が有る以上、
あるモノからエネルギーを得れば、
その元となったモノのエネルギーが減るのは明白かと思われます。
規模が大きくなれば、その影響も無視できなくなると考えるのが自然だと思います。

ツイッターに登録する事は簡単に出来ますので、
次回コメント頂く時には是非、
ご自分のツイッターアドレスを記載して頂きたいと思います。

或いは、それがお嫌でしたら、メールアドレス欄にご自分のメールアドレスを記載して下さい。

時々、
「自分の所在地はわからない様にして、
 安全な場所から人に石を投げつける」
と云う様な行為をする方がおられるので、
致し方なくこの様な処置をとっております。

重ね重ね、お詫び申し上げます。
Posted by 浦太 at 2012年04月06日 21:12
エネルギーを消費するからって方法によって影響が全く違いますよ。風力発電が「風を遮るから最終的によくない影響をもたらす」という理論にはかなり頭を抱えます。そんなこと言えば建物のほうが問題でしょうね。そもそも風は大気圧の高低差によって生まれるもので、そりゃ回り回って人間の営みが作用しているかもしれませんが、そんなことを人間ごときが掌握するのは不可能です。人間は退化しているのか、なんて問題はその瞬間生きている人間自身がどうにかできる問題じゃないですし。だから、ある意味でじぶんたちのことばかり考えていればいいんだと思いますよ。どうせ今の人間のスペックじゃあ所詮生物ですから、数万年くらいすれば勝手に滅ぶんじゃないですかね。要するに考えるだけ無駄ってことですよ。(想像するのはアリかもですが。)
Posted by てむてむ at 2015年12月10日 13:57
>てむてむさん
そうやって来た結果が今である事は考えなければならない時期になってるんじゃないでしょうかね?
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/news_business/pe95841f1fbb5452ca61ae561746f12a7
Posted by 浦太 at 2015年12月10日 16:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
fx
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。