現在、コメントを頂く場合「ホームページアドレス欄」を入力必須にしております。
制限は付けたく無かったのですが、無責任なコメントや、無益な議論、論争を招く内容を書き込まれる方も稀におられるので、不本意ながら入力必須項目とさせて頂きました。
また、urlを含むコメントも投稿できません、ご了承ください。

2013年04月23日

横(調性)と縦(コード)

今日は久しぶりに少し理論的な事を書いてみます。

以前、
「譜面は時間を横軸、音の高さを縦軸にとった、言わば一種のグラフである」
みたいな事を書いた事があります。
今日は、ソレをもう少し突っ込んで「譜面」ではなく、
音楽そのものが横(時間経過)と縦(コードの中でどう響くか)で成り立っていると云う話を書きます。

音楽を聞いた時、人間は全体のトーナリティー(調性)を感じています。
コレは横の流れ、つまりメロディーやコード進行を聞いて感じている訳です。

ですが、同時に、
「その瞬間に鳴っている音が協和しているかどうか」
も感じています。

例えば、次の様なコード進行が有ったとします。
DCP.jpg
まぁ、
||: C | C | Dm | Dm | Em | Em | F | F :||
じゃなくて、7度まで含めて、
||: CM7 | CM7 | Dm7 | Dm7 | Em7 | Em7 | FM7 | FM7 :||
でも良い訳ですが、このコード進行に出てくるコードは、
全てCメジャー・スケールの構成音でできているコードです。

こう云うコード進行の事を Diatonic Chord Progression (略してD.C.P.と呼ぶ)と言います。
(D.C.P.の定義は、ダイアトニックコードだけで構成されており、
 トニックとサブドミナントが交互に現れ、
 かつ、ルートモーションがスケール的なコード進行)

当然、Cメジャー・スケールの構成音で出来てる訳ですから、
聞いてる人には「Cメジャー・キー」である事は伝わりますし、
アドリブするにもCメジャー・スケールを適当に弾けば、
それなりに合ってる感じがする訳です。

例えば、Em、或いはEm7の部分を見ると、
Cメジャースケルを弾くと云う事は、
Eフリジアンと云うスケールを使っている事になります。
で、コレは調性上正しい訳です。

ココで視点を変えて、全体の調性ではなくコード側からスケールの構成音を見る事にします。
Cメジャースケルの構成音は、C、D、E、F、G、A、B、
Eフリジアンの構成音は、E、F、G、A、B、C、D、
まぁ、当然の事ながら、構成音は同じです。
E、G、B、はEmのコートトーン、つまり構成音ですから当然協和します。
D はm7の音ですからEmでDの音を加えてもEm7として響くだけで、当然コレも協和します。
Aの音はテンションノートの11thなので、コレも協和します。

では、残りのF、C、はどうかと云うと、
どちらもアヴォイドノート呼ばれる音で、協和しません。
EmやEm7でFやCの音を伸ばしたり多用したりすると汚くなってしまうんです。
簡単に言うと、コードトーン(コードの構成音)とケンカする音なんですョ。
Fの音はコードトーンのEの音とケンカしますし、
Cの音はコードトーンのBの音とケンカします。

では、この2つの音をコードトーンとケンカしない音や、
ケンカしても大喧嘩にならず、小競り合い程度で済む音に替えてみたらどうなるか…

F#の音はM9th、つまりテンションノートですからケンカしません。
C#の音はM6thですから、コードがEmの時は全体としてEm6として響くだけでケンカしませんし、
コードがEm7の時にも小競り合い程度で済みます。

E、F、G、A、B、C、D、

E、F#、G、A、B、C#、D、
にしてしまう訳ですね。

E、F#、G、A、B、C#、D、
はEドリアンと云うスケールで、
このスケールはDメジャー・スケールと構成音は同じです。
つまり、この部分をDメジャー・キーに転調した様に弾いてしまう、と云う事です。

当然、F#やC#の音はCメジャー・キー、
つまり全体の調性には含まれていませんから、
或る種の違和感は生じます。
その違和感を、
「新鮮でカッコイイ」
と感じるか、
「気持ち悪い」
と感じるかには個人差が有ります。
普段聞いている音楽によっても違ってくるでしょう。

ただ、
「ジャズやフュージョン系のプレイヤーはこう云う事をやる時が有る」
と云うホンの一例です。

「コード進行自体が調性内のコード、
 つまり、ダイアトニック・コードだけで出来ていても、
 調性外の音が使える」
と云うホンの一例でもあります。

演奏例を載せておきますので参考にしてください。

【 Cメジャー・スケールだけを使った例 】
Cメジャー・スケールに含まれていない音も使っていない訳ではありませんが、
経過音、つまり、繋ぎの音として使っているだけです。


【 Emでドリアン(Dメジャー・キーに転調した感じ)を使った例 】
コードはそのままで、Emの部分だけDメジャー・キーに転調した感じで弾いた例です。


【 コードにテンションを加え、よりフュージョンぽく聞こえる様にした例 】
ベーシックなコードにテンションノートを加え、フュージョンっぽさを強化しています。



posted by 浦太 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽理論豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
fx
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。