現在、コメントを頂く場合「ホームページアドレス欄」を入力必須にしております。
制限は付けたく無かったのですが、無責任なコメントや、無益な議論、論争を招く内容を書き込まれる方も稀におられるので、不本意ながら入力必須項目とさせて頂きました。
また、urlを含むコメントも投稿できません、ご了承ください。

2013年12月21日

AQUOS PAD SH-08E を購入しました

今まで私はスマホは持たず、ガラケーだけだったんですが、
この度、 AQUOS PAD SH-08E を購入しました。

移動のほとんどは車だったので、カーナビが有れば不便は無かったのですが、
電車+徒歩で遠方に行かなくてはならない用事が出来てしまい、
「この際だからスマホに乗り換えるか」
と思ってドコモに行った所、ガラケーとタブレットの2台持ちにする事にしたんです。

この機種を選んだ理由は以下の通りです。

1.iPhone だと何か有った時にアップルストアに行かなければならないが、徒歩で行ける範囲にアップルストアは無い。
 アンドロイドならばドコモに行くだけで良いし、ドコモは徒歩5分で行ける。
2.あまり大きなタブレットは必要としていない。
3.バッテリーが長持ちする方が望ましい。
4.出来れば国産機種を応援したい。

音声認識が思った以上にマトモに反応してくれるのはチョッとビックリです。
まー、スマホを使ってる人からすれば、
「今頃何言うてんねん」
って話でしょうが。

手書き認識も結構マトモに認識してくれるので、これまたビックリです。

期待してませんでしたからねー、どっちも。
まー、またしても浦島太郎状態ですゎ。

知らない街をウロツクにはホント、便利ですね。


posted by 浦太 at 22:20| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

詐欺にご用心!!

先日、
「セブン●●●パート●●(同名の会社が他に有るといけないので伏せ字にしてあります)」
と名乗る自称、
「証券会社」
から電話が有り、
「●●市を対象に、
 ●●開発と云う会社が社債の購入案内を送っている。
 もし、お宅に届いたら是非譲って欲しいので、
 捨てないで取っておいて欲しい。」
と電話が有りました。

コレだけでも充分に変な話ですが、
面倒だったので、
「覚えていればね。」
とだけ言いました。

数日後、また同じ人から電話が有り、

怪しい人「届いてませんか?」

浦太  「届いてませんね。(忘れてたので確かめてもいない)」

怪しい人「そうですか…届いてませんか…
     実は東京オリンピックの開発に関わる会社で、
     今、非常に注目されており、
     連日、ウチのスタッフ総動員で●●市在住何千人もの方に電話して伺ってるんですが、
     中々無いので困ってるんです。
     今後、もし、届いたら捨てないでいて欲しいんです。
     度々電話するのもご迷惑でしょうから電話番号を言いますので、
     もし、よろしければ届いたら連絡して頂けませんでしょうか?
     譲って頂ければお礼に3万円分の商品券を送らせて頂きます。」

浦太  「覚えてたらね。(電話番号を聞き出してやろうと云う気になってる)」

で、電話番号をメモり、電話を切った後、ポストを確かめてみると、
有りました有りました、
「●●開発」
と書かれた封筒。

で、そのママ数日放置すると、
また、同じ物が届いています。

「あー、こりゃ、前回の電話の時に、
 届いてない、って言ったから、もう一度送ったな…」
と思ったんですが、そのママまた数日放置。

すると、また電話が有り、

怪しい人「届いてませんでしょうか?」

浦太  「届いてるよ、しかも同じモノが2通も。」

怪しい人「あー良かった。
     連日スタッフ総動員で探してるんですが中々見つからなくて困ってたんです。
     譲って頂きたいので返信用の封筒を送らせて頂いてもよろしいでしょうか?」

浦太  「なんで、そんな貴重なモンが●●市在住の人間にランダムで送られる訳?
     ウチ、●●開発なんて会社、知らんよ。(チョッとイジメてやる気になってる)」

怪しい人「●●開発は●●県に進出の予定が有り、それでなんです。」

浦太  「じゃぁ、なんで、そんな希少なモンが、
     ウチに2通も来てる訳?」

怪しい人「それは前期と後期が有ったので、タマタマそう云う事になったんじゃないかと思います。」

浦太  「…」

怪しい人「なんとかお譲り頂けませんでしょうか?
     もし、お譲り頂けるなら、
     お礼の商品券は5万円にさせて頂きます。」

浦太  「…」

怪しい人「お譲り頂けるなら、1つだけお願いがあります。
     社債の数に限りが有り、まだ残っているかどうか、
     封筒に印刷している●●開発の電話番号に電話して、
     まだ残っているか確認して頂けませんでしょうか?」

浦太  「なんでウチがそんな面倒な事せなアカン訳?」

怪しい人「チェックが厳しくて本人以外は相手にして貰えないんです。
     なんとかお願いできませんでしょうか?」

そろそろ、警察に連絡しておこうかと思い、電話を一旦切る為に、
「まー考えときますわ。」
と言って切りました。

それ程チェックが厳しいモノを譲った所で、
ソレこそチェックに引っかかって何も出来ないハズですから、
この時点で詐欺である事は明白ですが、
コチラが金銭を支払うと云う話は一言も出ていないので、
一応、最終確認の為、ネットで、
「●●開発」と、
「セブン●●●パート●●」を検索。

「●●開発」は同名の会社が存在しましたが、
住所と電話番号が違います。
封筒に有った住所を google map で見てみると別の建物でした。

「セブン●●●パート●●」は検索に引っかかりませんでしたし、
聞いた電話番号は引っかかったものの、「登録者情報無し」でした。

一応、封筒の中身も開封して確認した所(投資自体に興味が無いのでこの時点では未開封)、
パンフレットが入っていただけで社債云々の書類は入っていませんでした。

コレ以上しつこくかかって来ても面倒なので、
コチラからメモった電話番号に電話し(どうせ、アチラはコッチの電話番号も住所も知ってます)、

浦太  「●●開発でネット検索したら、
     そう云う社名の会社は有ったけど、
     住所も電話番号も違ったよ。」

怪しい人「えー、そうですかー、なんとかかんとか〜」

浦太  「オタクの社名もネット検索したけど無かったよ。」

怪しい人「HPは作っていないので、なんとかかんとか〜」

浦太  「オタクの電話番号も登録者情報無しになってたよ。」

怪しい人「おかしいなぁ、なんとかかんとか〜」

浦太  「あんまりナメてもろたら困るよ、
     しつこいと警察に連絡するからね。
     じゃぁ、切るよ。」

で、切って警察に報告すると、
(モチロン、社名や電話番号も伝えました)

警察「よく有る手口ですね。」

浦太「そうなんですか。
   この段階では金銭の話は出ていなかったので、
   後学の為に、どうやって金銭の話に持って行くのか教えて頂けませんか?」

警察「●●開発に電話して社債購入の書類を送ってくれと云う方向に持って行くんです。
   最初にパンフレットしか入っていないのも、
   本人が希望して社債購入の資料を送らせたと云う形にする為です。
   で、本人じゃないと買えないので、後で買い取るから買ってくれと。」

浦太「ソコまで行けば、誰でも気がつくんじゃないでしょうか?
   ソレまででも充分に変な話でしたし」

警察「高齢者を狙う場合が多いですね。」

浦太「確かに私の所に来たのも、私のオヤジ宛でした。」

警察「出来れば町内会とかに情報を伝えて頂けると助かります。」

浦太「じゃぁ、ブログ記事にも書くことにします。」

警察「ありがとうございます。」

との事でした。

充分に、
「突っ込みどころ満載」
で、
「一儲けできるかも」
って云う欲心が無ければ決して引っかかる様な話では無いと思いますが、
一応みなさんも気をつけてください。

受け答えそのものは、
私がこの記事に書いたよりも数段丁寧で淀み無く、
そこら辺の企業より余程洗練されており、
コチラが突っ込んでも間髪空けずに返答して、
動搖する様子は一切見せませんので、
日頃、そう云う面を重視される方は要注意だと思います。
ラベル:詐欺
posted by 浦太 at 21:04| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

美しくて摩訶不思議な異次元空間の様な写真ブログと出会いました

私は音楽以外の記事を書く事は多くありません。
ましてや音楽ブログ以外のブログの紹介記事を書く事など、
滅多に有りません…と言うか、記憶にある限り初めてだと思います。

でも、この人の写真、是非たくさんの人に見て欲しいなぁって思っちゃったんですよねぇ…

まぁ、私のゴタクを読むより、まずは見てきてください!!
EAM photo(http://eam1.jugem.jp/

なんか、不思議で、それでいて、とっても美しい世界でしょう?!
花火の写真なんて、ホントに不思議!!
http://eam1.jugem.jp/?eid=658
http://eam1.jugem.jp/?eid=648

私も、足跡をたどって訪問してくださった方のブログにおじゃまする、
なんて人並みの事をやったりするんですが、
いつも、この方(えむさんと仰います)のブログに行くと、
しばし、見とれてしまうんですよねぇ…

写真が目に飛び込んできた瞬間に、初めて見る写真でも、
「あぁ、えむさんのブログや…」
って分かっちゃう…
なんか、独自の異次元空間に足を踏み入れちゃった…みたいな感じになります。

多くの方に「えむさんの写真」を見て頂きたいと思いますので、
この記事も、定期的にツイッターで繰り返しツイートする事にします。
ラベル:写真 ブログ紹介
posted by 浦太 at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
fx
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。